物の受け渡しで手が触れる男性の心理は?何度も触れるのはわざと?

当サイトはプロモーションを含みます。

物の受け渡しで手が触れる男性の心理は?何度も触れるのはわざと? youtube

「物を受け渡すときに手が触れたけど男性の心理は?」
「わざとやってるの?見極め方はある?」
「手が触れたらどう対処したらいいの?」

こんな悩みを解決します。

【結論】
・手が触れる男性の心理は好意を持ってる場合や偶然の場合などがある
・80%以上はわざと手を触れている可能性が高い

物の受け渡しでふいに手が触れると「え?」と思いますよね。

それが男性が相手ですと、「どういう心理なんだろう?」と思う気持ちもあると思います。

そこで今回は男性の筆者が男性目線で、物の受け渡しで手が触れる男性の心理を解説します。

対処法ももちろんですが、「この心理はないな」というものもハッキリとお伝えしますね!

【本記事で分かること】
・物の受け渡しで手が触れる男性心理5選
・物の受け渡しで手が触れる男性心理と違うもの
・手が触れたときにわざとの可能性が高いサイン
・手が触れたときにわざではないサイン
・物の受け渡しで手が触れたときの対処法

物の受け渡しで手が触れる男性心理5選

物の受け渡しで手が触れる男性の心理は以下の5つです。

・女性に意識させたい
・ものを落とさせたいための気遣い
・好意があるから触れたい
・親しい間柄だから気にしていない
・偶然触れただけ

ひとつずつ解説しますね。

女性に意識させたい

物の受け渡しで手が触れる男性の心理には、女性に意識を向けさせたいという意図が少なからずあります。

これは、男性が女性にアプローチするきっかけがなかなかない場合や、少しでも自分をアピールしたいと考える場合に現れる傾向です。

また、触れた時の反応を通じて、相手が自分をどう思っているかを確かめている場合もありえます。

女性が手の触れ方に不快感を示したり、距離を置いたりする場合は、男性も自分のアプローチのやり方に慎重になります。

逆に、女性が手が触れたときに好意的な反応を示す場合は、男性は積極的にアプローチしたり、またものを受け渡すときに手を触れたりするかもしれません。

好意があるから触れたい

物の受け渡しで手が触れる男性の心理には、好意があるから触れたいという意味合いもあります。

男性は女性に好意を持っていても、なかなかコミュニケーションのきっかけは作りにくいものです。

そんなときに、物の受け渡しで手が触れることで自分の好意を示したり、コミュニケーションを取りたいと考えることがあります。

また、自分が女性に気持ちを伝える段階ではないと感じている場合にもそうですね。

他にも自分は好意を持っているが、女性がどう思っているかが気になっているため、物の受け渡しで手が触れた時の女性の反応で確認しようとすることもあります。

このように、男性の心理には好意や不安が交錯しており、物の受け渡しで手が触れる行動は、その複雑な感情の表れとも言えます。

基本的にここまで挙げた2つが、物の受け渡しで手が触れる男性の心理の80%と思っていいでしょう。

男性は嫌い or なんとも思っていない女性にわざわざ手を触れようとは思いません。

物を落とさないための気遣い

物の受け渡しで手が触れる男性の心理には、物を落とさないための気遣いもあります。

特に、受け取りにくいものや落としやすい形状のものを受け渡すときは、男性も同様に気を使います。

もし割れ物だったら落としたら大変ですからね。

物を大切に扱うための心理的な要素で、手が触れただけということですね。

ですが、壊れやすいものを受け渡す状況はいつも起こるわけではないため、何度も手を触れることはないです。

親しい間柄だから気にしていない

物の受け渡しで手が触れる男性の心理として、親しい間柄であれば特に気にすることはなく、手が触れることはあります。

男性は友人や親友のような親しい関係の場合、特に手が触れることに対して意識を払っていません。

むしろ男性は手が触れることに気を使ってないので、触れたこと自体も意識していないと思います。

ただ、男友達同士でも、普段から物の受け渡しで手が触れることはほとんどありません。

親しい男性同士て物を受け渡すとしても手が触れるのは偶然以外ないです。

ですので、何度も手が触れるようであれば、わざと手が触れるように物を受け渡していますね。

偶然触れただけ

物の受け渡しで手が触れる男性の心理において、偶然触れただけもありえます。

例えば、混雑した場所での物の受け渡しや、素早い動作でのやり取りなど、自然な流れの中で手が触れることはありますよね。

こんな風に、特に手を触れようとしていなくても、たまたま手が触れることはありめます。

ちなみに、男性としては偶然でも手が触れてしまうと女性に申し訳なく思います。

「もしかして今嫌だったんじゃないかな?」とふと思うんです。

ですので、もし手が触れた後に謝られたり、男性が申し訳なさそうな顔をしていたりするときは偶然の可能性が高いです。

物の受け渡しで手が触れる男性心理と違うもの

物の受け渡しで手が触れる男性の心理はネット上でもいろんな情報があります。

ただ、男性の筆者からすると以下は男性の心理としては当てはまらないと考えます。

身体目当て
反応を楽しんでいる
背中を押したい気持ちがある
性格を見極めている

理由を解説しますね!

身体目当てである

物の受け渡しで手が触れる男性心理として、身体目当てで触れてくる男性は当てはまらないと言えます。

というのも身体目当ての男性は、自ら積極的に接触を求めることが多いです。

なので、物の受け渡しそのものに身体目当てという意図はないでしょう。

もし男性が身体目当てだとしたら物の受け渡しを口実にして、積極的にコミュニケーションを取ってくるはずです。

わざと物の受け渡しで手が触れるという行動は、どちらかと言えば奥手なタイプの男性が取る行動です。

よって、物の受け渡しで手が触れる男性心理として、身体目当ては当てはまらないと思います。

反応を楽しんでいる

物の受け渡しで手が触れる男性心理として、反応を楽しんでいるは当てはまらないと言えます。

そもそも女性も手が触れられただけでは大きく反応しないことが多いのではないでしょうか?

当然ですが。反応がないものを楽しむことはできません。

また反応を楽しみたい男性は、手が触れるくらいの接触では満足せず、声をかけたり、もっと積極的に動いてきます。

彼らは、手が触れたことをきっかけに会話を始めたり、次の機会を作ろうとすることはあるかもしれませんが。

よって、物の受け渡しで手が触れる男性心理として、反応を楽しんでいるは当てはまらないと考えられます。

背中を押したい気持ちがある

背中を押したい気持ちがあるという心理は、物の受け渡しで手が触れる男性心理には当てはまらないと言えます。

なぜなら、手が触れるだけで背中を押せると思っている男性はまずいないからです。

背中を押したいなら、わざわざ手を触れる必要はなくて、声をかければいいだけなので。

わざわざ手を触れるなんてリスクを取る必要がないんです。

よって、物の受け渡しで手が触れる男性心理に、背中を押したい気持ちがあるは当てはまらないと考えられます。

性格を見極めている

物の受け渡しで手が触れる男性心理として、性格を見極めているという心理は当てはまらないと言えます。

手が触れた時の反応だけで女性の性格を男性が見極められるわけないからです。

性格を知りたいなら、会話したほうがまだ分かりますし、そのことを男性も知っています。

物の受け渡しで手が触れる男性は、奥手な人の行動を取ることが多いです。

そのため、相手を知ることよりも自分の気持ちのままに行動している可能性が高いです。

したがって、物の受け渡しで手が触れる男性心理には性格を見極めているは当てはまらないと考えられます。

職場で手が触れる男性の心理

職場で手が触れる男性の心理も、普段の物の受け渡しで手が触れる男性の心理と変わらないでしょう。

もちろん、物を落とさないように気をつけている男性もいると思いますが、何度も触れるならわざとの可能性が高いです。

男性からすると変な誤解をされたくないので、特に職場では無意識のうちに適切な距離を保とうとします。

そのため、何度も手が触れるならわざとでしょう。

物の受け渡しで手が触れたときにわざとの可能性が高いサイン

基本的に手が触れることは意図的な行動であり、80%以上はわざとだと考えても良いでしょう。

郵便物だって手を触れずに受け取れるわけですからね。

中でも以下のようなサインがあった場合はわざとの可能性が高いです!

・物を渡すときに見つめてくる
・手が触れたときに女性の反応を見ている
・長く触れている
・毎回受け渡しの時に手が触れる

ひとつずつ解説しますね!

物を渡すときに見つめてくる

物を渡すときに見つめてくる男性は、わざと手を触れてる可能性が高いです。

もし偶然、手が触れたのであれば、男性としては申し訳ない気持ちから反射的に目を逸らしたくなります。

ですので、物を渡すときに見つめてくる男性は、わざと手が触れている可能性が高いです。

男性が物を渡す際に見つめてきたら、好意をアピールする意図もあるかもしれませんね。

手が触れたときに女性の反応を見ている

手が触れたときに、男性が女性の反応を見ている場合、手が触れるのはわざとかもしれません。

男性がわざわざ女性の反応を見るということは、自分がどう思われているのかが気になっているということです。

自分がどう思われてるか、特に気にならないのであれば、謝ったり、すぐに離れたらいいわけなので。

もし、女性の反応が好意的であれば、男性はまた触れてもいいと思います。

手を触れることで、女性に自分の気持ちを伝えたいという意図も少しはありますからね。

よって、物の受け渡しで手が触れたときに男性が女性の反応を見ていたら、わざとの可能性が高いと考えられます。

長く触れている

もし男性が長く手を触れている場合、それはわざと触れているでしょう。

普通、物を受け渡すときに、手を長く触れる必要はありません。

もし偶然、手が触れたのなら、男性もすぐに手を離します。

ですので、男性が長く手を触れている場合、それはわざとの可能性が高いです。

わざと長く手を触れているわけですので、少なからず好意を持っていたり、コミュニケーションを取りたいと思っているでしょう。

毎回受け渡しのときに手が触れる

もし男性が毎回手が触れるように物を渡す場合、それはわざでしょう。

まず、物の受け渡しは手が触れなくてもできることがほとんどです。

なので、毎回手が触れるのは明らかに不自然です。

手が触れないように、持ち方を工夫することだってできますからね。

よって、男性が毎回手が触れるように物を渡す場合、それはわざとの可能性が高いです。

コミュニケーションを取りたいという意図があるのかもしれませんね。

物の受け渡しで手が触れたときにわざとではないサイン

ほとんどの場合はわざと手が触れることが多いですが、絶対ではないですよね。

手が触れたことがわざとではないサインとしては以下があります。

・手が触れた時に謝ってくる
・忙しそうにしている

ひとつずつ解説しますね!

手が触れた時に謝ってくる

もし男性が手が触れた時に謝ってくるなら、それはわざとではない可能性が高いサインです。

男性が手が触れた時に謝ってくるのは、その接触が偶然であることを伝えたいからです。

男性は手が触れたことによって女性が不快に感じるかもしれないと思っています。

そのため、謝ることで女性に申し訳ないという気持ちを伝え、わざとではないと伝えようとしています。

特に職場ですとより一層気を遣います。

謝った後は手が触れないように物を受け渡すようになります。

これは同じミスを繰り返さないようにするための男性の配慮ですね。

忙しそうにしている

忙しかっただけで手が触れてしまう時はわざとではない可能性が高いです。

男性が忙しそうにしていると、受け渡しのときに細かい気遣いができないことがあります。

急いでいると手が触れるかどうかまで気が回りませんからね。

ですので男性が忙しいときに手が触れることは偶然であり、わざとではありません。

また、忙しい状況であれば、物を渡した後はすぐに次の行動に移すはずです。

あと偶然なので、何度も物の受け渡しで手が触れることもないでしょう。

物の受け渡しで手が触れる男性に好意がある時の対処法

もし男性の好意がある場合は、女性からも受け渡しのときに、男性の手を意識的に触れることで、好意を伝えることができます。

男性も女性から触られたことは分かるので、ちゃんと伝わりますね。

逆に「さっきわざと触った?」のように声をかけられると、男性としてはびっくりしてしまいます。

なので声をかけるよりも、物の受け渡しのチャンスがあったらまた手が触れるようにするくらいがちょうどいいです。

もし女性からも好意があることが伝われば、男性はより積極的に行動してくれる可能性が高まりますよ!

物の受け渡しで手が触れる男性が気持ち悪い時の対処法

手が触れた男性に好意がある場合はいいですが、気持ち悪い場合は対処に悩みますよね・・・。

もちろんストレートに「嫌」と言えればいいのですが、そうもいかないと思うので、以下の対処法を試してみてください。

・他人に頼む
・渡す物の持ち方を工夫する
・物を置いて渡す
・会話の中でさりげなく嫌だと伝える

ひとつずつ解説しますね!

他人に頼む

頼めるのであれば他の人にお願いするのが無難です。

男性がわざと触れてきてるとしたら、女性が避けようとしても難しいこともありますからね。

ですが、他の人が代わりに物を渡してくれたら接触がないので手が触れる心配はありません。

場合によっては接触が少なくなれば、相手から距離を置いてくれる可能性もありますね。

渡す物の持ち方を工夫する

渡す物の持ち方を工夫するのも有効です。

男性としても手を触れるために必要以上に手を伸ばすのはやりにくいからです。

明らかに不自然な受け取り方をしたら、女性にわざと触ろうとしていることがバレてしまうので。

そのため、できるだけ物の手前を持ったりして工夫してみてください。

奥手な男性ほど手を触れにくくなります。

物を置いて渡す

物を置いて渡す方法も有効です。

机などに物を置いて渡せば、手が触れる心配はないですからね。

あとはフォローとして物を渡すときに一言添えれば、問題ありません。

また、男性が席を外している時は、戻ってきたときに一言声をかけるとさらに良いですね。

会話の中でさりげなく嫌だと伝える

できそうであれば、会話の中でさりげなく嫌だと伝えましょう。

ただ、ストレートに「あのとき、手が触れて嫌だった」と伝えると相手が傷つく可能性があります。

なので、「物を渡すときに手が触れることあるじゃん?あれ嫌なんだよね」くらいに、さりげなく伝えてください。

そもそも触られるのが嫌だというニュアンスで伝えると、当たり障りがないです。

男性も嫌われたくはないので、手を触れないように気を遣ってくれると思いますよ!

まとめ

今回は物の受け渡しで手が触れる時の男性の心理についてお伝えしました。

手が触れる男性の心理は80%は

・好意を持っている
・相手に触れたい

以上と思っていいでしょう。

物の受け渡しは余程のことがない限りは手を触れることなくできるので。

ですが、偶然の可能性もゼロではないので、男性の様子を見て見極めてください。

また、手が触れられた時の対応も男性に好意を持っているか持っていないかで変わってきますよね。

本記事の対応方法が参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました